Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/61-c408e438

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

《報道》「チベット自治区政府、鳥葬の撮影や報道を禁止」(朝日)

最近あまりチベットネタが少ないのでなかなか更新できずにいましたが、今日は久しぶりに報道記事の紹介です。といっても2週間近く前のものですが。

「チベット自治区政府、鳥葬の撮影や報道を禁止」(asahi.com)

記事によれば、「鳥葬管理暫行規定」なる条例がチベット自治区政府によって定められ、鳥葬の撮影、報道、見学等の行為が禁止されることになったようです。確かに、いわゆる「鳥葬ツアー」なんかで見学に訪れた観光客が現場の様子を何の配慮もなく写真に撮ったりして、鳥葬師との間にトラブルが発生、なんていう話もちらほら耳にするので、その意味では肯ける措置なのかも、という気がします(もちろん、神聖な気持ちで見学したい、という観光客も多いとは思いますが)。他方、純粋に学術的な調査(文化人類学とか)はどうなるのか、伝統的儀礼としての鳥葬を如何に記録していくか、そういうことも含めて一切禁止なのか、という点も気になります。この辺りのことについては、肝心の「暫行規定」の原文が、中文サイトを調べても見あたらないので何とも言えませんが・・・。

この他、こっちの記事(→チベット:「鳥葬」の撮影・報道を禁止、ハゲタカも保護(中国情報局))では、伝染病患者の遺体を食べたハゲタカが死亡するというケースがあるようで、中毒や伝染病が死因の遺体の鳥葬にすることが禁止されたとか。こういう場合は火葬なんでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/61-c408e438

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。