Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/59-ad34a461

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

チベット政府発行パスポート

チベット政府が1947年に発行したパスポートが13年ぶりに発見され、このほどダラムサラのNGOによって買い戻される運びとなったという記事がインド紙"Business Standard"に出ていました。

Rs 5 lakh for antique Tibetan passport (Business Standard)
この記事、World Tibet Networkにも転載されているので(というかこっちで知りました)、上記記事がリンク切れだったりしたらこちらをどうぞ。

このパスポートは、財務長官を務めていたツィープン・W・D・シャカッパ(『チベット政治史』の著者でもあります)に対し発行されたもので、英国、米国、フランス、スイスといった国のビザが発給されているとのことです(通商代表団を率いて外国訪問をしたときのものでしょう)。シャカッパの死後行方不明になっていたところ、その後ネパールで発見され、NGO"Friends of Tibet"が在インドのチベット難民から50万ルピー(約130万円)を集め、買い取ることになったようです。確か『チベット政治史』にも、このパスポートの写真が収録されていたような気がします。

余談ですが、記事のタイトルにある"Rs 5 lakh"について。はじめはこの"lakh"の意味が分からなかったのですが、「10万インドルピー」という単位なんですね。こんな単位のルピー、普通にインドを旅する分にはなかなか使う機会はなさそうです(^^;)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/59-ad34a461

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。