Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/44-d8295786

-件のトラックバック

[T13] カキフライの季節

午前中から麹町で取材。昼飯は、ひさびさに四ッ谷のエリーゼでカキフライ定食。あいか...

-件のコメント

[C46]

チベットねたじゃないんですが。
引用のSteve Jobsのプリンストンスピーチ日本語訳。
http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html

"Stay foolish, stay hungry"
人に言うにはカッコいいが、自分はどうかてと、既にそうは言えないなぁ、やっぱりゴハン食べる道を他に見つけられんし、と、私はいささか苦い思いでこれを読みました。それがトシをとるってことだな。
  • 2005-11-15
  • ちべ者(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

iTunesでダライラマ!

現在米国ワシントンDCを訪問中のダライラマ法王ですが、それに先立ってスタンフォード大学に立ち寄り、講演やディスカッションをしていました。
その時の様子が、iTunesで無料ダウンロードできることを発見しました。
http://itunes.stanford.edu/

手順は以下の通りです。
(1)上記サイトにアクセスし、"Open Stanford on iTunes"をクリック。
(2)iTunesが自動的に起動し、Music Storeの"Stanford on iTunes"が表示されます。
(3)右側のWhat's Newの"Dalai Lama at Stanford"をクリック。
(4)すると"Heard on Campus"というページが表示されるので、その中の"Interviews and Speeches"タブをクリック。
(5)その中にアーティストが"His Holiness, the 14th Dalai Lama"になっているものが4つほどあるので、聴きたいものの右側にある「曲を入手」をクリックすると、ダウンロードされます(タイトルのあたりをダブルクリックすると試聴も出来ます)。

僕は今のところ"The Heart of Nonviolence: A Conversation with the Dalai Lama"を聴いている途中ですが(何せこれだけで2時間近くあるので・・・)、終わったら他のもダウンロードしてみようと思います。iPodに入れて、電車の中とかで聴く・・・というのもいいかも。心が落ち着きそうです^^

なお、iTunes 6の無償ダウンロードは→こちらでどうぞ。

ちなみに、これは「スティーブ・ジョブズがスタンフォードの卒業式に招かれたときのスピーチがiTunesで聴ける」と友人から教えてもらったのがきっかけでした(ダライラマ法王のすぐ上にある"Steve Job's 2005 Commencement Address"がそれです)。このスティーブのスピーチも、これはこれでまたいいんですよ、ええ。アップル好きの方なら分かってくださるかと・・・。そういえば、ダライラマ法王はかつて、アップルの広告に登場したこともありました。→こんな感じでした(The Apple Collection)
それにしても、こんなコンテンツを無料で提供してくれるスタンフォードに感謝!であります。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/44-d8295786

1件のトラックバック

[T13] カキフライの季節

午前中から麹町で取材。昼飯は、ひさびさに四ッ谷のエリーゼでカキフライ定食。あいか...

1件のコメント

[C46]

チベットねたじゃないんですが。
引用のSteve Jobsのプリンストンスピーチ日本語訳。
http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html

"Stay foolish, stay hungry"
人に言うにはカッコいいが、自分はどうかてと、既にそうは言えないなぁ、やっぱりゴハン食べる道を他に見つけられんし、と、私はいささか苦い思いでこれを読みました。それがトシをとるってことだな。
  • 2005-11-15
  • ちべ者(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。