Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/36-7a943adf

-件のトラックバック

-件のコメント

[C39]

朝日では10月4日の青蔵鉄道ものがありましたが、ご紹介の記事同様、シメはペマ・ギャルポさんのコメントという構成です。定型的な”文法”になってるんでしょうか?
http://55tibet.way-nifty.com/tibemono/2005/10/post_f16f.html
  • 2005-10-29
  • ちべ者(管理人)
  • URL
  • 編集

[C40]

そうでした、あの記事にもぺマさん、登場されてましたね。現地取材だけだとあまりに中国側からの見解を伝えるだけになってしまうので、バランスをとるために、ということなんでしょう。そこで日本でチベットの政治がらみで発言できる人となると、やはり彼に落ち着くという感じなんだと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

《報道》「近代化と中国化の波 チベット自治区成立40年」(朝日新聞)

なぜか最近、怒濤の如くチベット関連記事が続く朝日新聞。
先週の連載記事に続き、今度は10月28日付朝刊に上記タイトルの記事が掲載されていました(ネットでの掲載はないようです)。以下、記事の要約です。

記事は、ラサから東へ約120kmの距離にある村に3年前に自治区政府の資金で設置された太陽光発電システムの話から始まっています。この村に住む45世帯の家庭に電気が通るようになったことで、テレビでVCDを観たり、ミキサーでバター茶を作れるようになったといった住民の生活の変化が紹介されています。現在自治区内に400ヶ所の太陽光発電所があり、14万人に電気を供給しているんだそうです。また、自治区内の経済規模が拡大し、青蔵鉄道が07年夏に営業を開始する見通しの中、ホテルや住宅の建設ラッシュが起きているとともに、ネットカフェやディスコで楽しむ若者も増えているといったライフスタイルの変化も見られることが報告されています。さらに、こうした流れの中で内地から出稼ぎに来る漢族が増加傾向にあることも指摘されています。

後半部分は、チベット仏教とダライラマ14世がテーマ。今年6月にジョカンでゲシェーの最終認定試験が16年ぶりに中国政府系の中国仏教協会の主催で行われたことが紹介された上で、現ダライラマ法王も同試験を1959年に合格したものの直後に亡命したことにも言及されています。また、これまで試験が行われてこなかったことについて、ジョカン寺管理委員会(民主管理委員会のことか?)のニマ・ツレン副主任の「試験の中断が長く、取り戻すには時間がかかる。チベット仏教の統一が必要だ。ダライ・ラマ14世に早く帰ってきて欲しい」とのコメントが引用されていました。ダライラマの帰国を促す部分は、チベット仏教におけるダライラマの象徴性と重要性を強調するものであるととるか、ダライラマに対し従来以上の譲歩を要求し帰国を促すものととるか、受け取り方が分かれるところだと思いますが、実際のところはどうなんでしょうね。記事は最後に、「中国政府は法王が健在なうちに問題を解決すべきだ。法王がいなければ過激な行動が起きるかもしれず、問題は一層ややこしくなる」とのペマ・ギャルポ桐蔭横浜大学教授のコメントを紹介して終わっていました。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/36-7a943adf

0件のトラックバック

2件のコメント

[C39]

朝日では10月4日の青蔵鉄道ものがありましたが、ご紹介の記事同様、シメはペマ・ギャルポさんのコメントという構成です。定型的な”文法”になってるんでしょうか?
http://55tibet.way-nifty.com/tibemono/2005/10/post_f16f.html
  • 2005-10-29
  • ちべ者(管理人)
  • URL
  • 編集

[C40]

そうでした、あの記事にもぺマさん、登場されてましたね。現地取材だけだとあまりに中国側からの見解を伝えるだけになってしまうので、バランスをとるために、ということなんでしょう。そこで日本でチベットの政治がらみで発言できる人となると、やはり彼に落ち着くという感じなんだと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。