Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/32-3d89ac82

-件のトラックバック

[T17] 青海チベット鉄道 其の壱

■この二箇月間の新聞や雑誌を、時間を見つけては整理しています。新聞も雑誌も、昔使った教科書と同じですなあ。いい年をしてから保存してあったガキンチョの頃に苦労させられた、あんなにツマラン!と思っていた学校の教科書が、この上も無く面白い読み物になるというのは

-件のコメント

[C41]

昨日(11/3)報道ステーションで特集されたみたいですね。
  • 2005-11-04
  • スバスバ
  • URL
  • 編集

[C42]

そうだったんですよね、見事に見落としました(+_+)
ご覧になった方、どんな感じでしたか?

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

《報道》「岐路に立つチベット(5)(6)」(朝日新聞)

朝日新聞のチベット連載記事、今回は第5回目と第6回目の記事をまとめてご紹介します。

第5回目(10月19日付夕刊に掲載)は、「農民・牧民 激動の地「いまが一番」」との見出し。ここで登場するのは、ラサ郊外で裸麦などの作物を栽培するチベット族農家。133アールほどある畑(って、どのくらいの広さなのかイメージできません・・・)の半分を青蔵鉄道建設のために提供し、11万元(!!)の補償金を得たそうです。その農家で最も年長である68歳の老婆曰く、「(人民公社、文革、改革開放と続いて来た中で)いまが一番いいよ」とのことです。性急な集団化を図った人民公社や寺院が破壊されまくった文革期に比べれば今の方がいいのだろうけど、60年代以前と比べたら・・・ってのは突っ込まないのが大人のお約束というところでしょうか。今回の記事は「ラサ郊外+α編」のようで、ナムツォの様子も紹介されていました。青蔵鉄道のダムション(当雄)駅からナムツォまでクルマで僅か1時間半なんだそうです。鉄道開通したら、この辺りもすごい勢いで観光地化しそうな気がします。


第6回目(10月20日付夕刊に掲載)の見出しは「内地留学 民族産業担う人材育成」となっており、中国内地のチベット学校・学級をはじめとするチベットの教育がテーマ。記事によれば、中国内地にあるチベット学校・学級は「21の省および直轄市(北京や上海など)にあり、1万2千人の若者が学んでいる」のだそうです。一例として、記事の中ではシガツェ出身で内地で教育を受けた自治区新聞弁公室の女性が紹介されていました。

他方、チベット自治区も教育体制の整備を進めており、「2010年までの9年制義務教育の完全普及が大目標」となっているようですが、同自治区において近年、識字率の悪化と就学率の低下が見られるというTibetInfo Netのレポートを読むと、容易に達成できるものでもなさそうです(このTINのレポートについては、チベット式(長田さん)でも取り上げられています)。

続いて、ラサで最も古いというラサ高校(1956年創立)を訪問した際の様子が述べられていました。ラサ高は生徒数3,000人、うち70%がチベット族という構成。チベット族学級と(漢族との)混合学級があるようで、前者ではチベット語での授業がある一方、後者は漢語オンリーのようです。また、教師の大半は漢族であることにも言及されていました。この他、自治区における最高学府であるチベット大学(西蔵大学)にはチベット語学部や芸術学部、チベット医学を学ぶコースが設置されていることが紹介されていました。

ちなみに、「報道ステーション」でチベット特集をやるそうです。この連載の内容とかぶる部分が多そうですが、映像とセットでどんな感じなのか、要チェックです。「近く放映予定」となっていましたが、いつ頃なんでしょう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/32-3d89ac82

1件のトラックバック

[T17] 青海チベット鉄道 其の壱

■この二箇月間の新聞や雑誌を、時間を見つけては整理しています。新聞も雑誌も、昔使った教科書と同じですなあ。いい年をしてから保存してあったガキンチョの頃に苦労させられた、あんなにツマラン!と思っていた学校の教科書が、この上も無く面白い読み物になるというのは

2件のコメント

[C41]

昨日(11/3)報道ステーションで特集されたみたいですね。
  • 2005-11-04
  • スバスバ
  • URL
  • 編集

[C42]

そうだったんですよね、見事に見落としました(+_+)
ご覧になった方、どんな感じでしたか?

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。