Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/30-fd2666d7

-件のトラックバック

[T29] ノルブリンカについて-魅惑の世界遺産

ノルブリンカノルブリンカ(チベット語:??????????????;ワイリー方式:''Nor-bu-gling-ka'', 中国語:)は、中国・チベット自治区の首府ラサにある離宮とその庭園。ダライ・ラマ7世によって1755年より建設され、1950年代に中華人民共和国に接収されるまで夏期の離宮とし

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

《報道》「岐路に立つチベット(3)」(朝日新聞)

連載第3回は10月17日付夕刊に掲載されていました。見出しは「出稼ぎ 民族の壁 超える投資熱」となっています。

89年3月のラサ騒乱事件の時に舞台となったバルコルでしたが、現在は中国内地からの観光客が押し寄せ、賑わいを見せている様子から記事は始まっています。続いて、甘粛省から出稼ぎにやってきて、土産物屋を営むチベット族と漢族の男性2人についてのコメント(写真あり)。トラックを10日間乗り継いでチベットに入り、露天商から始めて今は店舗を構えるまでになったとか。ちなみに月収は1万元(約14万円)だそうです。このチベット族男性は現地でチベット族女性と結婚し、息子は解放軍に入隊させている、とも紹介されていました。解放軍に入隊するチベット族ってどのくらいいるのか気になりましたが、なかなかそういう資料はなさそうです・・・。

記事は最後に、経済発展推進によって分離・独立運動を押さえ込む、というのが中央政府のチベット政策の基本とした上で、北京市と江蘇省がラサを支援するといった形のいわゆる「対口援助」についても言及しつつ、チベット自治区の経済成長率が2000年以降連続で12%を超えていることを指摘していました。

「ノルブリンカとかガンデンが次のテーマかも」なんていう予測は見事外れてしまいました・・・。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/30-fd2666d7

1件のトラックバック

[T29] ノルブリンカについて-魅惑の世界遺産

ノルブリンカノルブリンカ(チベット語:??????????????;ワイリー方式:''Nor-bu-gling-ka'', 中国語:)は、中国・チベット自治区の首府ラサにある離宮とその庭園。ダライ・ラマ7世によって1755年より建設され、1950年代に中華人民共和国に接収されるまで夏期の離宮とし

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。