Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/27-20ec525a

-件のトラックバック

[T9] Tibet Infonet サイト起動

チベット情報を提供しつづけてきたロンドンのTibet Information N

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Tibet Information Network、活動休止

すでにチベット式(長田さん)ちべ者(あさださん)で紹介されていますが、ロンドンを本拠地とするTibet Information Network (TIN)が活動を休止することとなってしまいました。

休止に関するTINのステートメント(World Tibet Networkに転載されたもの)→http://www.tibet.ca/en/wtnarchive/2005/9/12_4.html

原因は資金不足とのことですが、これまでチベットの動向について極めて興味深く、有用なレポートや記事を数多く提供してきたTINが消滅するのは残念でなりません。毎月数本の記事がTIN News UpdatesとしてTINのサイトにアップされていたのですが、今年の4月を最後に新規記事が出なくなっていたので、ちょっと気にはなっていたのですが、まさか無くなってしまうとは。なお、TINのサイトは現在でも閲覧可能です(ここだけでも今後も存続させてほしい・・・)。
http://www.tibetinfo.net/

TIN自身は「公式な後継者ないし組織は無い旨強調する」としているようですが、他方で"TibetInfoNet"なるロゴまでそっくりな組織がドイツで立ち上げられるようです(この部分、ちべ者さんの上記記事を参考にさせていただきました)。「取り急ぎドメインだけ速攻で取得しときました」って感じの、ロゴと"under construction"の表示のみのシンプルな状態のサイトがすでに立ち上がっています。
TibetInfoNet →http://www.tibetinfonet.net/
いろいろな事情があるのでしょうが、TIN同様、クオリティの高いチベット情報を提供してくれることを願ってやみません。

TIN休止に関しては、Mainichi-MSNのサイトに、上海発APの記事が掲載されていました(特に目立って新しい情報はありませんが)。
http://mdn.mainichi-msn.co.jp/international/news/20050913p2g00m0in027000c.html
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itibet.blog12.fc2.com/tb.php/27-20ec525a

1件のトラックバック

[T9] Tibet Infonet サイト起動

チベット情報を提供しつづけてきたロンドンのTibet Information N

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。