Entries

スポンサーサイト

オルブライト元国務長官の回顧録

ここのところ、夜寝る前に分厚い本を読んでます。それが、これ。↓第1期クリントン政権で国連大使、第2期同政権で国務長官を務めたマデリーン・オルブライトの回顧録です(タイトルは"Madam Secretary A Memoir")。最初に出たのは一昨年頃だったと思いますが、ペーパーバックになったので、アマゾンから入手。内容のメインはクリントン政権下で遂行した彼女の仕事についてですが、最初部分は生い立ちについても述べられており、チ...

過去の記憶、現代の記憶。

昨日、恵比寿ガーデンプレイスにある東京都写真美術館に、写真展を2つ見にいってきました(今回はチベットネタじゃないです)。1つ目は、「アンコールと生きる クメール文明の今」と題された、BAKU斉藤氏によるアンコール遺跡とカンボジアの人々の表情を捉えた写真展。遺跡のほうは、バイヨンとタ・プロームのモノクロ写真が主体。バイヨン寺院のあちこちに彫られている尊顔の、何というか、味わい深い表情に見入ってしまいまし...

日本のチベット援助。

新華社の「西蔵頻道」を見てたら、チベット自治区への日本の無償援助に関する記事が出てました。原文(漢語)は→ 自治区主席?鵬会見日本客人(*?の部分は赤におおざとのカクという字です。)在中国日本大使館の一等書記官とJICA中国事務所副所長ら9名からなる一行がラサを訪問、1週間の現地視察等を行うようで、21日には?鵬チベット自治区副主席が一行と会見したと報じられています。援助対象は教育分野で、「西蔵自治区総合中...

iTibet

ふと気になって、"iTibet"でぐぐってみました。検索結果は→こちらこのブログもヒットするんですが(+iTibetを取り上げて下さったブログも。多謝)、他にも英語のサイトがいくつかひっかかってきて、2、3のぞいてみました。まず目を引いたのが、http://www.itibet.com/ どんなサイト?と思ってクリックしてみると、外国のPC販売サイトのようなところに飛びます。チベットとは関係ないのになぁ・・・と最初は不思議だったのです...

チベットに行きたくなる本。

しばらくブログの更新をサボっちゃってました。すみませんm(_ _)m6月下旬、書店に並んだ直後にちべ者さんやちべログ@うらるんたさんがすばやくフォローされているのでここで改めて取り上げるのもどうしたものやら、と思ったのですが、やはりいいものなので書かずにはいられません。というわけで、「旅の指さし会話帳」の「チベット」です。チベット入境から宿探し、街歩きや移動手段、自己紹介、、、と旅行者がたどる道のりが適...

チベットのこともちょっと話したみたいです。

ライス米国務長官の訪中で。10日に行われた胡錦濤国家主席らとの会談に関する記者会見で、ライス長官は「ダライ・ラマ14世は中国にとって脅威ではない、ダライ・ラマに手を差し伸べるよう(中国側に)求めた」と発言、ダライラマ14世との直接対話を促したようです。ソースは→こちら(毎日新聞ネット版)ただし、中国側報道では、この点については具体的には言及されていません。→ライス長官記者会見に関する『人民網』報道「...

ベルンでの中蔵対話に関する特使の報告

対中接触におけるダライラマの特使であるロディ・ギャリによる第4回中蔵対話の報告が発表されました。原文(英語)は→こちら要約すると、・討議は具体的かつ本質的なもので、友好的でフランクかつビジネスライクな雰囲気の下で行われた。多くの問題に関する主要な相違点は依然として残っているが、ベルンでの協議で双方の見解を共有する機会を得ることができた。・我々は、チベット問題解決のための交渉の実現に向けて、信頼の醸...

ダライラマ法王の誕生日と中蔵対話に関する中国外務省の記者会見

7月5日の中国外務省定例記者会見で、ダライラマ法王の70歳の誕生日と先日スイスで行われた第4回中蔵対話に関する質疑がありました(スポークスパーソンは劉建超報道官)。記者会見のトランスクリプト(中文)は→こちら内容は、こんな感じです。問:明日はダライラマの70歳の誕生日であり、世界各地の多くの国でこの日が祝われようとしている。中国はダライラマの誕生日について、祝賀の意を表するか?聞くところによれば、...

スイスの首都ベルンで第4回中蔵対話開催

6月24日のエントリで、「ダライラマ法王の特使が近く中国との対話のため訪中か」とのニュースを紹介しましたが、6月30日から7月1日にかけて、2002年の接触再開以来4度目となる対話が行われたもようです。ソースは今回も例によって、Canada Tibet Committee(CTC)の編集によるWorld Tibet Network(WTN)。Two Envoys of His Holiness the Dalai Lama conclude fourth round of talks in Berne, Switzerland上記記事には配...

香港で本を買う

香港に来て必ずすること、それは書店巡りであります。アマゾンをはじめとするネット書店が普及したとはいえ、やはり自分の目で確かめて本を購入するのはいいなぁと思います。書棚に目を走らせているうちに、意外な掘り出し物に遭遇したりするのも醍醐味の一つ。今回も、前から欲しいなぁと思いつつも中々見つからずに諦めかけていた本を入手することができ、収穫でした。ま、最初から買うのが決まってる本であれば、アマゾンで買っ...

香港に行ってきました

先週末から約1週間、所用で香港に行ってきました。用事は前半に済ませ、残りの時間で書店めぐりをしたり、ちょっと観光したりという具合でした。というわけで、これから何回かに分けて入手した(チベット関連の)本や購入した書店を紹介したりしていこうかと思います。まずは定番の写真から。香港は2003年の9月以来、1年9ヶ月ぶりだったんですが、中環や湾仔あたりに新しいビルが出来ていたり、MTR(地下鉄)に乗れば路線図...

Appendix

プロフィール

ryohei

  • Author:ryohei
  • 大学院で現代チベット研究をしています。
    4年前、中国・北京で仕事をしていたときに何故かチベットに
    目覚めてしまい、今に至ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。